Givery Inc.
テクノロジー、教育・東京都, 日本・従業員数 11〜50

“We create engineers who make the world better.” We are GiT (Givery Technology), a sub-division of givery inc. Our core businesses are consulting, recruitment, education, and organizing hackathons. Our hackathons, JPHACKS, are the largest hackathons in Japan. At GiT, Our mission is to build an educational and startup ecosystem for engineers, designers, and entrepreneurs in Asia.


We have launched web services, such as “CODEPREP” and “Cody’s Check” for educating and scoring engineers. And, we are continuing to create new products and services that will add value to society. ■CODEPREP( CODEPREP is an educational programming web service. Anyone can learn to code in HTML/CSS, JavaScript, PHP, Ruby, etc. ■Cody's Check( Cody’s Check is a radical web service which can valuate programming skills using a “keystroke logging video” like youtube. And we also be able to quantify their skills. In these days, recruiters could see only engineers’ qualitative skills in interviews and resumes. But if you use Cody’s Check, you’ll be able to know how they’re thinking and coding watching a keystroke logging video. ■Development & Growth “Engineer” who we define is a creative person can create services and products which is needed no matter when. To make our mission come true, we will be “Engineer” and strengthen our development work in all of devision in givery. ■JPHACKS( we organize a hackathon named JPHACKS. It is the biggest hackathon in JAPAN for all students from any university.

Givery Inc.の案件
  • 正社員
    ギブリーテクノロジー・東京都, 日本
    ギブリーテクノロジー・東京都, 日本・正社員

    【現在のプロジェクト一覧】 ①codecheck(コードチェック) codecheckは「エンジニアが持つ実践力を正しく理解することが出来る」事を目的にして開発をした、エンジニアが今日求められる実務スキルを問う事ができる、実践型スキルチェックツールです。 単一ファイルのアルゴリズム問題ではなく、フロント、ゲームエンジン、チューニングやデバッグなど、多彩な試験問題を作成できます。作成した問題はGitHubでバージョン管理をしながら、技術の進化にあわせて少しずつ最適化していくことができます。 また、ギブリーが提供しているオープンソースで仮想環境を構築できるため、受験者は使い慣れたPC、エディタなど自身の開発環境で試験を受けることができます。 受験者の回答に対しては、テスト駆動開発の現場で実践的に使われているテストフレームワークを用いた自動採点をすることで「テスト駆動で仕様に沿ってアプリケーションの機能を実装する力」を判断することができます。 更に実践で利用しているプロジェクトのソースコードをそのまま使って、「もしあなたがこのプロジェクトのマネージャーだとしたら、どのようなリファクタリングを施しますか? またその理由を記載してください」といった、受験者一人ひとりが持つ「独創性やパーソナリティ」判断することが出来ます。 codecheckは、既存のツールではできない「今日求められるスキルを試験化できるプラットフォーム」として開発しています。 ②codeprep(コードプレップ) codeprepは、Web上でコードを書きながら、初心者でも簡単にアプリケーション開発を通じてものづくりを経験する事が出来るオンラインプログラミング学習サービスです。現在、日本語/英語に対応しており、HTML/CSS,JavaScript,PHP,Ruby等、あらゆる言語に対応しています。 【現在codecheckに集中している理由】 2年前にスタートしたcodeprepですが、現在は一度改善をストップしており、コンテンツが更新等をおこなってはおりません。 codeprepのコンテンツを更新・提供していく中で、我々はある課題にぶち当たりました。それは、 「codeprepの問題を全て学び終えたら、どのようなエンジニアになることが出来るのだろうか」 というゴールをユーザーに提供できていなかったことです。 そのため運営側として、まず 「エンジニアがこれから本当に必要とされるスキルとは一体何なのか」 を正しく理解し、追求しながらcodeprepという教育プラットフォームに 「これを解けば、○○さんみたいになることが出来る」 「これを解けば、○○の仕事をすることが出来る」 といった、目的やゴールをユーザーに示していくことが重要であると判断しました。 これが、現在のcodecheckに注力し、展開している理由です。 【サービスロードマップ】 現在、codecheckはオープンローンチを2016年2月に控えており、現在絶賛開発中です。 オープンローンチの段階でユーザーの皆様は、あらゆる企業がコーディングインタビュー、技術研修、APIハンズオン等で提供している技術試験問題を閲覧し、挑戦することが出来ます。 公開されている問題を解答することで、様々なユーザーからその問題に関するフィードバックや評価を集めることが出来ます。フィードバックはマイページに溜まっていき、集合知的に自分自身のエンジニアのスキルを外部にもアピールすることが可能になります。 また、これらを2016年展開していった後に、2017年にはcodeprepのリニューアルを予定しております。 全てのユーザーが、直ぐに教育コンテンツを作成、あらゆる環境でアプリケーションを実行することが出来る仕組みとして展開していきます。 これにより、 ・常に最新鋭のこれから必要となる技術が追求されている環境 ・新しい技術を学ぶことが出来る環境 の2つを実現することが出来、全てのエンジニアの成長を応援することが出来るプラットフォームとなると考えております。


    "We create engineers who want to make a better world." At GiT, a division of givery, we are focused on building an educational ecosystem for engineers and entrepreneurs. We organize hackathons and ideathons for students and working professionals. We provide a software service that teaches programming to beginners. And, we are constantly inventing new software services or products for consumers or businesses. This is not a traditional Japanese company. Our workplace and culture is like North America (i.e. 8 hours a day) ■Mission Statement “Create an educational ecosystem for engineers”. It’s no problem about age, religion, lifestyle, anything you imagine. “We just chase our mission.” ■Global team A Canadian designer participated in our team, and our team was globalized rapidly, so some English is desired. But don’t be afraid. We prepare a helpful system to learn english. ■Flexible&Resultism It’s free to come to office, except for a core-time(11:00~15:00). We don’t look your working time, just result. ■Characters we want ・Having a vision ・Interested in education ・Achieve a vision using your technology, or building the team. ・(Better) English skill (speaking, writing)